不動産と建築 注文住宅からオーダー式建売住宅まで千葉市 市原市中心に千葉県全域 土地購入から建築まで一貫したご提案


 

小副川工務店HOMEへ       施工例一覧へ

千葉市中央区 バリアフリー介護住宅

車椅子での動線を考慮した1階部分の間取
1階は車椅子利用のご主人の生活スペース、2階はお子様のお部屋です。
ドアーは幅広の引戸を多用し各室をシンプルな直線的動線で移動できる配慮をしました。

 

車椅子でも雨に濡れない玄関までのアプローチ。

スロープの勾配も着工前から現地にてシュミレーションし綿密に打合せを致しました。

 

設計打合せ段階での玄関前アプローチとなるスロープの勾配についての現地打合せ風景

建物配置と高さについて 木杭と水糸を使って分かりやすく現地で施主様に確認頂き、勾配や配置について綿密な調整を行いました。図面上だけでなく、現地で立体的に感じて頂くことで細かな調整やご希望を取り入れ施工することが可能となります。

 

 玄関ドアは3枚スライドの大きな間口で開くドアを採用し、車椅子でも余裕を持って通る事を可能にしています。

 

玄関 兼 風除室

外と内に建具を設置し、風や埃などの進入を防ぎ、また室内の空調にも配慮しています。

 

車椅子のままご利用頂けるキッチンを設置しました。

住宅設備に関する豊富な商品知識で最適なご提案を致します。

 

中で車椅子が転回出来るスペースを設けたトイレ室。

限られたスペースを有効に使うため、背面にタンクのない省スペース型便器を使用しました。

 

洗面台も下部スペースを取ったタイプで、座ったままでも使い易い底浅タイプののボウルを使用しました。

 

浴室ドアも玄関と同じ3枚スライドタイプのドアを採用しました。

 

中で車椅子が転回可能な広い浴室。

施主様の最適な使用位置を現地で打合せし縦横の手すりを設置しました。

 

サッシメーカーに依頼し、1階の腰窓は全てカギ(クレセント)の位置を 車椅子に座ったままで容易に手が届く下の位置に取付しました。(通常は真ん中の高さ)
当社では大手住設機器や建材メーカーとの長年の提携により、それぞれの施主様の視点で使いやすさの追求をした独自の改良も可能となっています。

 

リビングから廊下・洋室への開口部

床は車椅子の長期使用に対する耐久性を考慮したクッションフロアーを使用しています。

スムーズな動線で移動可能な間取です。

 

施工例一覧へ          TOPへ戻る

小副川工務店